トップページ > お知らせ一覧 > コオロギ・カマキリ・タランチュラ!?

コオロギ・カマキリ・タランチュラ!?

2021/09/30(木)
 9月最終日の今日は秋晴れの良いお天気、陽射しと気温は明日から10月とは思えないくらいでしたね。運動会を終えてほんのちょっとホッとした感じの幼稚園。みんな好きな遊びを楽しんでいます。
 お昼のあとの自由な遊びの時間、職員室の目の前から子どもたちの元気な声が聞こえてきました。カメラを持って行ってみると…。
 年長組の男の子たちが中心になって虫探しの真っ最中。狭いスペースにぎゅうぎゅうになりながら、枯葉の下の虫を探しています。
 「おおっ、コオロギいたぞ、コオロギいたぞ。」「こっちこっち~」どうやら、素手で虫を触れる子は限られた数人。自分では触れないけれども、コオロギを見つけた子は、必死になって触れる子を呼んでいます。
 「今度はカマキリいたぞ。」「うおぉ~カマキリゲット~!」茶色いカマキリは飼育ケースに捕獲されました。
 「先生、見て見て!」うれしそうにカマキリを見せてくれました。
 すると今度は「あ~!!タランチュラ。タランチュラ発見した!」と誰かが叫びます。えっ?タランチュラ?まさか…と思って見てみると体長1センチにも満たない小さなクモが1匹。もちろん毒は無いもよう…。
 傍にいた私は黙って子どもたちの様子を見ていただけ。みんなが、知っている言葉をたくさん出し合い、見たことや気付いたことを声に出して伝え合い、夢中になって、楽しく虫探しをしていました。ほんのちょっとの光景ですが、遊んで学ぶ子どもたちの姿がうれしく思えた今日の昼下がりでした。