TOP > 幼稚園の紹介 > 制服について

制服について

西多賀幼稚園には、制服・制帽があります。
冬服期間と夏服期間の着用の仕方は違いますが、制服・制帽は、毎日着用します。

4〜5月と10〜3月は、冬服期間となり、冬用帽子をかぶります。
上着(ジャケット)の下には、園指定ブラウスを着用します。
洗い替え用には、市販の白ポロシャツ・ブラウスなどでも構いません。
園の行事の際には、園指定ブラウスを着用し、半ズボンやスカートをはきます。
正規の制服着用の時、靴下は、紺色のハイソックスでお願いします。
タイツをはかせる場合は、紺または黒のものをお願いします。
男児の長ズボンは、「準制服」とし、10月からの販売、11月からの着用となります。
冬期間は、上着の下に紺または黒のベストやセーター等を、着用しても構いません。
6〜9月は、夏服期間となり、夏用帽子をかぶります。
上着(ジャケット)は、着用しなくても構いません。
真夏は、白Tシャツ(できるだけ無地に近いもの)および短い白ソックスの着用も、可能となります。
   
   
   
   
活動中は、園指定のスモックに着替えて活動します。
全てのものに、フルネームで名前を書いてください。
特に、譲っていただいた制服類を身につける方は、名前を必ず書き換えてください。
女児は、帽子がかぶりにくいヘアスタイルは、避けてください。

 

外靴・カバンについて

外靴は、はきやすいズック靴が最適です。サンダルは、禁止になります。
通園カバンには、指定のものはありません。お弁当箱や箸セットを入れても少し余裕があり、荷物の出し入れと開け閉めが、しやすいものにしてください。
多くの方は、園紹介のカバンを使用しています。
通園カバンには、金属製・硬いプラスチック製のキーホルダーやマスコット・ネームタグを、つけないようにお願いします。

 

体操着について

半袖のTシャツと短パンを体操着として定めています。体育的活動・運動会等の行事、運動遊びの時間などに使います。冬用のものは無く、冬には私服のトレーナーなどを着用します。