TOP > 幼稚園の紹介 > ごあいさつ

ごあいさつ 〜『園庭に・保育室に、元気な声・笑顔が、いっぱい』の1年間に〜

西多賀幼稚園の 平成27年度(2015年)がスタートして、1か月たちました。 4月には、「泣いていたり」「不安だなあ」という気持ちの子どもたち・園児も、幼稚園生活に、慣れてきました。泣く子が、少なくなってきています。そして、「がんばるぞ」「しっかりやろう」という、表情や行動に変わってきています。
ご家庭でも、お子さんが、幼稚園での生活の様子などを、話されているのではないでしょうか、それも、成長の証ですね。

 

西多賀幼稚園は、平成27年度(2015年)も、子どもたち・園児の成長のために、教職員全員が、それぞれの立場で、いろいろとがんばっていきます。

 

そのがんばりの方向性としては、教職員全員が、それぞれの立場で・部署で・担当で、幼稚園教育の基本である『保育活動を通して』『遊びを通して』、「子どもたちに、いろいろな体験を、積ましてあげたい」。という考え方で、かかわっていきます。
それらの活動をしっかりやることにより、子どもたち・園児に、卒園しても必要と考えられる力、例えば、『がまんする力』や『話を聞く力』『自分の考えを話す力』『友だちと遊ぶ力』『思いやりの心』そして『挑戦する力』などを、年齢相応に、育てていければと考えています。なお、活動の様子などは、この幼稚園のHP(ホームページ)の「ブログ」欄や幼稚園からの各種だよりをご覧ください。また、「運動会」や「生活発表会」などでの子どもたち・園児の活躍からも、分かっていただけると思っております。

 

さらには、子どもたち・園児が、「幼稚園が大好き」「明日も幼稚園に行きたい」という気持ちを持ち続けられるように、教職員全員で、いろいろかかわっていきたいと考えています。そして、『園庭に・保育室に、子どもたち・園児の、元気な声・笑顔が、いっぱい』の1年間になるように、子どもたちの成長のため、それぞれの担任並びに他の教職員も含めた全教職員で、がんばっていく所存です。
また、保護者の皆様方と、協力し合っていくことが大事と考えております。保護者の皆様方と協力し合って、子どもたち・園児の成長を図っていかなければならないと、思っております。
それでは、子どもたちのために、よろしくお願いいたします。

 

学校法人西多賀学園 西多賀幼稚園
園長 山敏昭