TOP > 緊急・災害時の対応

災害発生時の対応について

@通常保育時で、園児が幼稚園にいて、地震発生の場合

a. 幼稚園内で、地震6クラスまたはそれ以上の地震発生の場合
  園内で、一時避難した後、園内の安全な場所で待機します。
帰りのスクールバスは運休とし、放課後の預かり保育も中止します。全園児、保護者または保護者の指定する代理人の方に、お迎えに来ていただいて、園児をお引き渡します。
実際に、震度6以上の地震が発生した場合は、電話等での保護者の皆様への連絡が、困難になると予想されますので、園から特に連絡が無くても、引き受け人の方にご来園いただきます。また、園での待機がどうしても困難な場合は、園の近くの、市指定の避難所に避難することもあります。
西多賀幼稚園の最寄りの指定避難所は、「仙台市立金剛沢小学校」です。また、可能な限り、「NTT災害用伝言ダイヤル」や「ウィルコム災害伝言板サービス」を用いて、園の状況をお伝えします。

 

b. 幼稚園内で、震度5程度の地震発生の場合
  園内で、一時避難ののち、通常の保育を続行する予定です。しかし、被害状況や余震等の状況により、早めの保育終了、預かり保育の中止等の措置を講ずることもあります。その場合は、各組の緊急連絡網を使って、保護者の皆様に連絡します。

 

c. 幼稚園内で、震度4程度の地震発生の場合
  園内で、一時避難ののち、通常の保育を続行し、安全が確認されれば、通常通りの降園とします。

 

A通常保育日で、園児が登園する前に、地震発生の場合

a. 震度6クラスまたはそれ以上の地震発生の場合
  自宅待機になります。園からの連絡をお待ちください。

 

b. 震度5程度の地震発生の場合
  通常通りの保育を原則としますが、余震や被害の状況によっては、自宅待機も考えられます。その場合は、各組の緊急連絡網で連絡します。

 

c. 震度4程度の地震発生の場合
  安全確認の上、通常通り登園してください。

 

B朝・帰りのスクールバス運行中に、地震発生の場合

朝・帰りとも、スクールバス運航中の、大地震の場合は、その先の送迎は中止し、その時点で、乗車している園児のみ乗せ、園に戻る努力をします。保護者の方には、状況に応じて園までお迎えに来ていただくこともあります。

 

C大雨・台風・大雪などの、悪天候の場合

実際の天候と、気象情報等を見ながら、登園・休園・一時自宅待機などの措置をとることもあります。仙台教育委員会ならびに、近隣の小学校の対応を、参考にさせていただきます。